header_logo002.png
Car Electronic Management LIGHT SAVER ずっと安心、長期5年保証。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




LIGHT SAVER 〒010-1622 秋田県秋田市新屋日吉町11-1
【定休日,日曜・祝日 営業時間,11:00~13:00/14:00~19:00】


正式名称を「高輝度放電灯」(High Intensity Discharged」と言います。
頭文字をとってHID、もしくはディスチャージ等と呼ばれます。
また、キセノンガスが封入されているタイプのライトも存在しており、キセノンライトと呼ばれる場合もあります。
上記はすべて「放電による発光現象」を利用したライトであり、その仕組みは水銀灯に近いもので、これらを総称して「HIDランプ」と呼んでいます。
ちなみに従来のハロゲンライトは、電球内部のフィラメントに通電し、白熱した際の発光を利用します。
これは一般家庭用の白熱球(裸電球)と同じ仕組みです。

HIDは、従来のハロゲンライトよりエネルギー効率が良いため、一般的には同じ消費電力の場合、ハロゲンよりも明るくなる傾向にあります。

mechanical_img001.png

メリット
寿命が長い
指向性が高く、遠くまで照射することができる
高い色温度で発光させることができるため、ファッション性を重視した寒色(青色)系の光が出せる
デメリット
高価である
安定器(バラスト)が必要になる
光度が強すぎる、もしくは色温度が高すぎると悪天候時には視界が悪化するケースがある

  • 消費電力(単位 W:ワット)が高くなるにつれ、明るさ(光度)は強くなります。
  • 色温度(単位 K:ケルビン)が高くなるにつれ、光源の色調は青くなります。

HID 色温度イメージ色温度イメージ

一般的に朝日・夕日の色温度は2,000K前後、日中の太陽光の色温度は5,000~6,000Kと言われています。

※実際には大気中の青色で減衰されるため、太陽光は実際の色温度よりも少し黄色っぽく見えます。
 対して、HIDの6,000Kは大気の青色で減衰されることがないため、同じ色温度であっても太陽光よりも青白く見えます。

faq001.jpg消費電力による光度の違いfaq002.jpg色温度による色調の違い

※上記画像は汎用プロジェクターランプユニットへ装着して撮影した画像です。実際に装着するライトユニットの形状により、色調や光度が若干変化しますのでご了承ください。
※また、ご覧戴いているモニターなどによっても見え方が変わってきますので 上記画像はあくまでも参考としてご覧下さい。

消費電力・色温度と明るさの関係は、家庭用屋内蛍光灯の「消費電力」と「用途」の関係を想像していただくと解りやすいかと思います。

「目に優しい」「電球色」とされる屋内蛍光灯は、色温度が低め(暖色系=赤・黄色系)の発光色となっており、「文字が見やすい」「昼光色」とされる屋内蛍光灯は、色温度がやや高め(寒色系=白・青色系)の発光色となっています。

また、同一銘柄の蛍光灯や白熱電球の場合、消費電力が高くなるにつれ、明るさは増していくものの、色の傾向は変化しません。
HIDの消費電力と色温度の関係もこれと同じでです。